【MEIKO V1】Pop'n'Roll ― あの坂道から【オリジナル曲】 > 作品つながり

ロリ気味にしても真っすぐに中央突破できるMEIKOさんて、
今年2013年の生誕祭でついに10年目を迎える今でも、
メロディーを押しまくるのには最強のボカロの一つだなあ、と感じます。
素材を提供して下さった拝郷メイコさんには、今日も心から感謝です。

youtube動画はこちら→ http://www.youtube.com/watch?v=K7iVSt1Xrg8

ニコニコ動画はこちら→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm22160425

【歌 詞】

木枯らし1号が 坂のてっぺんの
ドーナツ・ショップの 風見鶏を回す
放課後のゴールは 街じゅうを見下ろす
このテラスの席が  お気に入りだったね

始めたばかりのレッスンに
いつも 戸惑った
優しい言葉のナイフで指を切って
いつか はぐれた二人

耳をすませば 君の歌が聞こえる
今も忘れない 風が強く吹いてた日

あの頃僕たちは ケンカもできずに
少し震えながら 同じ方を向いて 
君はいつも僕の セーターの袖口
ぎゅっと掴んだまま 夕陽を見送った

だんだん慣れてく曲がり角
ひとつ 間違えた
片方なくしたピアスと君の涙
道に 捜してしまう

瞳こらせば 君の笑顔が見える
今も忘れない 風が強く吹いてた日

(間奏)

耳をすませば 君の歌が聞こえる
今も忘れない 風が強く吹いてた日

息をするたび 君の匂い感じる
今も変わらない 風が強く吹く坂道

投稿日時 : 2013/04/05 02:06    投稿者 :heartwarmingclub

めーちゃん誕生9周年おめでとー!!そしていよいよ10年目に突入しますね!力強い声と、初代ならではの自在な音づく...

変わるものと変わらないもの。
初恋って、誰も触ることのできない宝物だから。
心はいつも、そこに帰る。...

▲TOP