【初音ミク】箒星の唄 / Kotori 【オリジナル】 > 作品つながり

off vocal
http://piapro.jp/t/dCu2

歌詞

沈黙を決め込んだ夜の空に
無色透明な涙の跡
あの彗星を追って駆け回った日
お揃いの思い出の中

近付いたり離れたりを繰り返して
その周期の軌道上に見つけた

君との心の距離の測り方
気まぐれでも その呼吸を読みあったね
すれ違って泣いていた夜も沢山潜り抜けた
その笑顔に出会う為に

いつか僕ら箒星の正体がさ
汚れた雪の塊と知って
酷く落ち込んだけれどその光は
構わないって輝いていた

近付いたらお互いがさ よく見えるから
知るのも知られるのも怖かった

この夜闇の内側を覗いても
傍に居たり 笑い合ってくれますか
その胸の奥に見つけた夜空のような
暗闇から目を背けた

背けてしまったら離れていって
離れてしまったら寂しくなって
何者にもなれない自分に悔しさが滲む

泣いてる背中に私を呼ぶ声

"寂しいから もう一度会いに来たの
暗闇はさ 僕の中にもあるから"
鏡に映したみたいに同じ気持ちで

言葉なんかもう邪魔だと思う位に
傍に居たり 沢山を分け合ったり
すれ違って泣いていた夜も笑えた朝も
お揃いの軌道を描いている

投稿日時 : 2017/07/18 04:44    投稿者 :Kotori

Kotoriの5作目です。
箒星が塵と氷のカタマリだと知っていても
綺麗だと思える事って素敵だと思う。人間にお...

Kotoriの5作目です。箒星が塵と氷のカタマリだと知っていても綺麗だと思える事って素敵だと思う。人間において...

▲TOP