杜琴乃さん

琴乃(y)あらため杜琴乃(モリ コトノ)と申します。

【応募用】真冬のバレリーナ > 作品つながり

【応募用】真冬のバレリーナ

早る心、風誘う
冬の窓辺で凍えて咲く 花ひとつ
硝子越しに手を伸ばす
秘めた思いを告げずに散った バレリーナ

さあ踊りましょう 小春風
街を抜けてun, deux, trois……
愛しい人の首すじに口付けるように
ああ悲しみのアティチュード
陽光もとめ咲いて
愛しい人の温もりを知らないままで

甘い風に ふと触れて
早すぎた恋 目覚めてもう戻れない
香りひとつ 残さずに
冬の窓辺で震えて散った バレリーナ

さあ踊りましょう 落ち葉風
解いた髪を撫でて
気づいて欲しいこの頬の涙のあとに
もう隠せない恋こごろ
思い募り咲いて
愛しい人の温もりを求めるように

さあ踊りましょう 小春風
街を抜けてun, deux, trois……
愛しい人の首すじに口付けるように
ああ さよならのアティチュード
陽光もとめ咲いて
愛しい人の温もりを知らないままで


●●●平仮名●●●
- まふゆのばれりーな -
はやるこころ かぜさそう
ふゆのまどべでこごえてさく はなひとつ
がらすごしにてをのばす
ひめたおもいをつげずにち(っ)た ばれりーな

さあおどりましょ(う) こはるかぜ
まちをぬけて [あん] [どぅ] [とろわ]
いとしいひとのくびすじにくちづけるよ(う)に
ああかなしみのあてぃちゅーど
ひかりもとめさいて
いとしいひとのぬくもりをしらないままで

あまいかぜに ふとふれて
はやすぎたこい めざめてもうもどれない
かおりひとつ のこさずに
ふゆのまどべでふるえてち(っ)たばれりーな

さあおどりましょ(う)おちばかぜ
といたかみをなでて
きづいてほしいこのほほのなみだのあとに
もうかくせないこいごころ
おもいつのりさいて
いとしいひとのぬくもりをもとめるように

さあおどりましょ(う) こはるかぜ
まちをぬけて [あん] [どぅ] [とろわ]
いとしいひとのくびすじにくちづけるよ(う)に
ああさよならのあてぃちゅーど
ひかりもとめさいて
いとしいひとのぬくもりをしらないままで

※表記について……
( )は発音しない音
[ ]は1音に乗せた言葉

森幻さまの楽曲 https://piapro.jp/t/4ZBR" に応募用の歌詞です。
-早く咲きすぎたために春を待たずに散ってしまう-
離れた人に自由に会いに行けない世の中になってしまいましたね。

投稿日時 : 2021/01/06 16:32    投稿者 :杜琴乃

歌詞は杜琴乃様より頂きました。
ありがとうございました。

この作品の関連作品

【応募用】真冬のバレリーナ
▲TOP