ホタルビ > 作品つながり

イラスト Renaさん

動画 DOKUROさん

◇歌詞
いつの日にか子供のときのことを忘れても
ここに来ると思い出す
ゆっくりと降り注いでく星屑

大人に近づく足音に
気づかずに遊んでた
時間が経つの忘れて

ふたりで見上げた無数の星
手を伸ばせば届きそうで
小さな光の流れ星に
ホタルビ何を願ってたの?

いつの間にか大人になって変わってく風景
あの頃の私たちも
今はもう遠く光って消えたね

朝が来るたびに泣いてたの
今はもうなおったけど
ホントは少し寂しい

何も言わないで離れていく
手を伸ばしても届かない
小さな光は流れていく
私の前を横切って

素直になれなかった
甘えていた君に
スキと言えてたら
何か変わったの?

最後の別れが近づくとき
冷たい花に落ちた星

ふたりで見上げた無数の星
手を伸ばせば届きそうで
もうここにいない君を想う
ホタルビ咲き消えた淡く

投稿日時 : 2011/08/24 19:07    投稿者 :hiro

ホタルビ下書き→本書き

清書ラストです。
変更希望点などびしばしご指摘くださいませ。...

この作品の関連作品

ホタルビ
▲TOP