久遠真雪さん

ふとした時に思い出してもらえるような詞を目指して、作詞活動しています。

散る為に咲く花の名を > 作品つながり

散る為に咲く花の名を

この恋を散らさせて
触れられぬ痛みだけ
胸の中溢れてく
過ぎし日の遠い夢
 
あなたの為に咲きたい
何もいらないから最後に
ひとひら 風に乗って
空に溶けていく光
触れて 散ってみたい


花吹雪舞い散って
生き様を刻んでく
思い出は残るから
ぬくもりは離さずに

誰の為でもなく今
自分の為に咲く未来を
ひとひら 落ちる前に
焼き付けてみたくなった
それが 願いだから


散る為に咲く花の名を
絶対忘れない
おぼえてるよ



-かなver-
このこいをちらさせて
ふれられぬいたみだけ
むねのなかあふれてく
すぎしひのとおいゆめ
 
あなたのためにさきたい
なにもいらないからさいごに
ひとひら かぜにのおて
そらにとけていくひかり
ふれて ちいてみたい


はなふぶきまいちいて
いきざまをきざんでく
おもいでわのこるから
ぬくもりわはなさずに

だれのためでもなくいま
じぶんのためにさくみらいを
ひとひら おちるまえに
やきつけてみたくなあた
それが ねがいだから


ちるために さくはなのなを
ぜえたいわすれない
おぼえてるよ

もう届かない、叶わない切ない恋心。
それでも舞い散る花は美しく、鮮やかで魅せられる。
だから――ひとひら、願ってみたくなった。

元々は応募作ですが、落選いたしました。

投稿日時 : 2020/02/09 23:01    投稿者 :久遠真雪

お待たせしました。
歌詞応募の選考結果が出ましたのでお知らせします。
今回もどの歌詞もクオリティーの...

もっとみる(12)

▲TOP