孤守唄 > 作品つながり

えー・・・動画版でぼっこぼこに言われておりますが、単調なのは仕様であります(´・ω・`)
そういうわけで、この曲は単調なことも含めて僕の中ではこれで一つの作品として「完成」しているので、展開やメロを変えたりということは致しません。
ただ、反省点すべき点があることも事実だと思いますので、次の作品からは今回動画に頂いたコメントを踏まえた曲作りをしていきたいと思います><

動画版はこちら<http://www.nicovideo.jp/watch/sm4956501

≪歌詞≫

一つ目の年に僕は捨てられた
鬼の子と言われた
角が生えていた

四つ目の年に僕は生きていた
息はもう無かった
それでも生きていた

僕はここにいるよ
誰か見つけてよ
叫び続けた声は
雨が掻き消していった


七つ目の年に友達が出来た
その子の頭にも
角が生えていた

その子が言うには
「人」の記憶から
“僕ら”が消えれば
僕らも消えるらしい

「どうか最後の人よ、ボクを忘れないで
 まだ消えたくないよ
 怖い、怖いよ・・・」

その子は怯えた
日増しに酷くなった
僕の隣りで震えて泣いた

僕は手を握り、「大丈夫。」と言った


八つ目の年にその子が消えた



それから六つの年が過ぎていた
僕は生きていた
まだ憶えられていた

僕を知っているのは
生みの親の貴女だけ

今も憶えているほど
僕を想っているなら

どんな気持ちで僕を捨てたんだろう?


僕はここにいるよ
見つけて聞かせてよ
僕の名前を
貴女の名前を

僕はここにいるよ
ずっとここにいるよ
早く迎えに来てよ
僕はここにいるよ





僕が人だったら
捨てられはしなかった
貴女も今ままで苦しまずに済んだ

僕が人だったら
あの子は消えなかった
今もきっと僕の隣で笑ってた



僕が人だったら・・・

「僕が人だったら」・・・?

僕は何なんだろう?

“何処”へ消えるんだろう?





僕はここにいるよ


僕はここにいるよ

投稿日時 : 2008/10/19 06:35    投稿者 :fumu

動画版はコチラ<http://www.nicovideo.jp/watch/sm8915296>
<...

この作品の関連作品

孤守唄
▲TOP