time machine > メッセージ

よく「やり直したい」から過去に戻りたいと言う方が結構いますが、僕は・・・まぁ、歌詞の通りです。
動画版はこちら<http://www.nicovideo.jp/watch/sm4225558


<歌詞>

何気無く思い出す
忘れてたあの夢は
いつの日の帰り道、高台で見た景色

変わらない風景で
でも何処か違う様で
いつの日のあの丘に
確かめに行くけれど

あの家も行き場を無くして
空も色を変えていく
もう一度肌に感じたい
あの空気を、あの雰囲気を

この街も逃げ場を無くして
空も重さを増すだけ
もしここ<この世界>に存在するなら
過去へ飛ばしてtime machine


記憶の奥底で
暮れを待つ思い出も
時間という鍵を掛け
その影も忘れていく

終わりがあるなら
聞かせて、あの歌を
いつの日のどの僕も
忘れてしまう前に

あの家も行き場を無くして
空も色を変えていく
一瞬でいい・・・また感じたい
あの空気を、あの雰囲気を

この街も逃げ場を無くして
空も鈍さを増すだけ
もしここ<この世界>に存在するなら
過去へ飛ばしてtime machine



あの家も行き場を無くして
空も色を変えていく
もう一度肌に感じたい
あの空気を、あの雰囲気を

この街も逃げ場を無くして
空も重さを増すだけ
もしここ<この世界>に存在するなら
過去へ飛ばしてtime machine

投稿日時 : 2008/08/09 21:04     投稿者 : fumu

メッセージの投稿はユーザー登録が必要です。

  • ご意見・感想:

    ご無沙汰しておりますー!
    確かに砂漠というか、個人的にはすごく橙系のイメージがあります。
    ストリングスのメロは自分でも気に入ってます(´∇`*)
    いつも聞いて下さって有り難う御座います><

    2009/07/08 Fromuserfumu

  • ご意見・感想:

    砂漠とか荒野とか、そんなイメージのある曲ですね。ストリングスパートとその他のパートの組み合わせがかっこいいと思います。

    2009/07/08 Fromusercircias

  • ご意見・感想:

    毎度どうもー(人´∀`)←?
    いつもピアノで静かなバラードばっかりやってるので、こういう路線は自分でも珍しいと思います。
    そもそもピアノが入ってない曲は今まで上げた曲の中でも1割未満なのでかなり思い切った感じです。
    いや鍵盤楽器使用率は100%なんですけど(オイ
    あと寂寥感は僕も目指していたところなので、そういう感じというか雰囲気がちゃんと伝わっていたようで良かったです(●´ ▽`●)

    2008/11/28 Fromuserfumu

  • ご意見・感想:

    相変わらずの綺麗なメロディですが、確かにご自身が仰られている通り、曲調は今までのピアノ系からは
    ちょっと外れてPOPな感じですね(歌詞の方は今までどおりである意味安心しましたがw)。

    ただ、曲から受けるイメージは、今までは「切ない」系が多かったように思うのですが、この曲はそれより
    「寂寥感」や「やりどころのない重苦しさ」のようなものがより強く感じられる気がしました。

    こういう寂寥感の感じられる曲、好みです。
    どうもありがとうございます。

    2008/11/24 FromuserRAYXANBER

  • ご意見・感想:

    いらっしゃいませー(〃 ̄ω ̄〃)
    この曲は僕の中では割とポップな部類に入るんですが、回りから見たらいつも通り切ない系らしいです。
    なんていうか僕には明るい曲を書くセンスが完全に欠落しているようですww
    >>こちらの曲は、なんともいたたまれないほどに不思議な雰囲気で
    僕としても、何かしら不思議な雰囲気の印象を与えることを狙ってたので、そういう風に感じてくれたのは嬉しいです。
    あと蛍香のほうも聞いて下さって有り難う御座いますー(。´Д⊂)
    宜しければこれからもfumuを贔屓にしてやって下さいませい(・ω・)ノ

    2008/08/10 Fromuserfumu

  • ご意見・感想:

    「time machine」というタイトルで、もしかして明るいポップな曲なのかな…と思ったら、見事に辛く重い曲で…このfumuさん節が大好きです!
    fumuさんの曲はピアノのイメージが強かったのですが、こちらの曲は、なんともいたたまれないほどに不思議な雰囲気で…この形容のし難さが、タイムマシーンさえ願ってしまう心情を映し出しているようで…。「蛍香」と一緒にずっとリピートしています。
    棟を真綿で締めるような独特で美しいメロディーに、いつも惚れさせて頂かざるをえません。ありがとうございました!

    2008/08/10 Fromuser月條現矢

▲TOP