関連する動画

やさしい太陽 (採用分)

優しい朝焼けの色
夜明けを太陽が歌う
眩しい窓ガラス越しに
夢から醒めた振りをする

少しの荷物と 少しの希望と
私の記憶を届けて 空に願う

ゆらりゆらり 緑光り回り まぶた透けるオレンジ
薄い雲が霞む先 もうきっと戻らない
旅立つ この部屋を 


花びら色づいた日も
海から潮が香る日も
落ち葉を踏み鳴らす日も
雪降る 息が白い日も 

失くした荷物と 失くした希望と
私の記憶を探して 西へ向かう

犬も猫も鳥も花も草も 青に埋まるオレンジ
夢と歌を脇に抱えて 夜に落ちてゆく

内緒で遠回り 星は空を廻り
流れ星を見送って さよなら

崖を目指しひとり辿り着くよ
海を空に押し上げて
煌めく記憶 照らしながら
もう いない 朝が来る
目覚めを歌う太陽



ーーーかなver.ーーー


やさしい あさやけのいろ
よあけを たいようがうたう
まぶしい まどガラスごしに
ゆめから さめたふりをする

すこしのにもつと すこしのきぼうと
わたしのきおくを とどけて そらにねがう

ゆらり ゆらり みどり ひかり まわり
まぶた すける おれんじ
うすい くもが かすむさき
もうきっと もどらない
たびだつ このへやを 


はなびら いろづいた ひも
うみから しおがかおる ひも
おちばを ふみならす ひも
ゆきふる いきがしろい ひも 

なくしたにもつと なくしたきぼうと
わたしのきおくを さがして にしへむかう

いぬも ねこも とりも はなも くさも
あおに うまる オレンジ
ゆめと うたを わきに かかえて
 よるに おちてゆく

ないしょでとおまわり ほしはそらをまわり
ながれぼしを みおくって さよなら

がけを めざし ひとり たどり つくよ
うみを そらに おしあげて
きらめく きおく てらし ながら
もう いない あさがくる
めざめをうたう たいよう

【 JUKE-BOX 】

I played so enough
聴きあきるほどかけたから
that you have broken.
あなたは壊れちゃった
While I smoking, in deserted hotel.
寂れたホテルでタバコ吸いながら
Old Fashion Song, hum it to be down.
古びた流行歌溺れるように口ずさんで

You know, love is COLD like flame.
知ってるでしょ 愛は炎のように冷たくて
You know, love is HOT like ice.
知ってるでしょ 愛は氷のように熱いもの

Sing-me, Sing-me, once-again.
歌って、歌ってよ もういちど
I have a lot of dime.
小銭はまだ持ってるわ
Sing-me, Sing-me, like-before.
歌って、歌ってよ 昔のように
I have a lot of dime.
小銭はまだ持ってるわ


Be with your heart,
あなたの心に寄り添って
I dream for several minutes.
数分間 夢みるの
Play the piano, in minor bar.
人気のないバーでピアノ弾いて
Disappeared melody, Come back to my life.
消えかかったメロディーをよみがえらせるように

You know, love is COLD like flame.
知ってるでしょ 愛は炎のように冷たくて
You know, love is HOT like ice.
知ってるでしょ 愛は氷のように熱いもの

Sing-me, Sing-me, once-again.
歌って、歌ってよ もういちど
I have a bit of dime.
小銭は少し持ってるわ
Sing-me, Sing-me, like-before.
歌って、歌ってよ 昔のように
I have a bit of dime.
小銭は少し持ってるわ


Oh… COLD as flame…
炎のように冷たくて
Ah… HOT as ice…
氷のように熱い


Sing-me, Sing-me, once-again.
歌って、歌ってよ もういちど
I have no dime anymore.
もう小銭もないけれど
Sing-me, Sing-me, like-before.
歌って、歌ってよ 昔のように
I have no dime anymore.
もう小銭もないけれど

禁忌の果実とナイフ

(S)
赤い林檎を右手に 344
銀のナイフを翳して 344
黒く 黒く 33
染め上げて 5

(S)
黒い林檎を右手に 344
銀のナイフを穢して 344
強く 強く 33
噛み締めて 5

(A)
笑っちゃうよね 7
初めから分かってたなんて 553
禁断の果実で 54
君は振り返らない 37

(B)
月は蒼く僕を染めて 3333
ひとつの赤い実を 3132
星は白く僕を染めて 3333
ひとふりのナイフを 54

(C)
天空に夢の影 532
もう助けてはくれませんか 256
もう許してはくれませんか 256

さあ 終わろう 24
泣くのはやめて 伝えよう 313 5

(S)
赤い林檎は朽ち消え 344
銀のナイフを棄て去り 344
蒼く 蒼く 33
染まり果て 5

(LS)
黒い林檎を捧げて 344
銀のナイフは罅割れ 344
弱く 弱く 33
声上げた 5

ああああああいしてる… 55


――よみがな――


あかいりんごをみぎてに
ぎんのないふをかざして
くろく くろく
そめあげて

くろいりんごをみぎてに
ぎんのないふをけがして
つよく つよく
かみしめて

わらっちゃうよね
はじめからわかってたなんて
きんだんのかじつで
きみはふりかえらない

つきはあおくぼくをそめて
ひとつのあかいみを
ほしはしろくぼくをそめて
ひとふりのないふを

てんくうにゆめのかげ
もうたすけてはくれませんか
もうゆるしてはくれませんか

さあ おわろう
なくのはやめて つたえよう

あかいりんごはくちきえ
ぎんのないふをすてさり
あおく あおく
そまりはて

くろいりんごをささげて
ぎんのないふはひびわれ
よわく よわく
こえあげた

ああああああいしてる…

▲TOP