関連する動画

WINDー旅人ー

A1
漂う薄靄 月の羽突き刺さる
心はあやしく いざよう獣道

B1
ざわめく森のものの怪  
遠くで猩々の宴が
聞こえる万葉の調べ
いま蘇る疼き 古の

S1
待たれよ 運命に 呪われし命
一夜の 縁に 教えてしんぜよう
その身が 篝に あかされぬ間に
行かれよ 果てまで 風吹く方へ

SS1
腰のしるし 手をあて
胸の端音 さざめく

***

A2
幾千 幾月 幾山 越えて来た
歪んだ 憂世に 一筋 夜見の跡

B2
いずこか この身のやわらぎ
人世に隠れず 眠れん
寄せては返す 波音
ふと現れる 朧 砂の道

S2
待たれよ これより 神の社ぞ
散りゆく 静けさ 唸る地響き
不純の 客人 引き取り願う
一歩も 先へは 進ますまじ

SS2
風が吹いた 東へ
腰のしるし さざめく

SS3
ゆがんだつきよ しずまぬままに
ゆらゆらと かげ ふりそそぐ
ひらりまう かぜのささやいた
「とがのしき ねむれよ」


↓読み
===========

A1
ただよううすもや つきのはつきささる
こころはあやしく いざようけものみち

B1
ざわめくもりのもののけ  
とおくでしょうじょうのうたげが
きこえるかずはのしらべ
いまよみがえるうずき いにしえの

S1
またれよ さだめに のろわれしひと
ひとよの えにしに おしえてしんぜよう
そのみが かがりに あかされぬまに
いかれよ はてまで かぜふくほうへ

SS1
こしのしるし てをあて
むねのはおと さざめく

***

A2
いくせん いくつき いくやま こえてきた
ゆがんだ うきよに ひとすじ よみのあと

B2
いずこか このみのやわらぎ
ひとよにかくれず ねむれん
よせてはかえす なみおと
ふとあらわれる おぼろ すなのみち

S2
またれよ これより かみのやしろぞ
ちりゆく しずけさ うなるじひびき
ふじゅんの まれびと ひきとりねごお
いっぽも さきへは すすますまじ

SS2
かぜがふいた ひがしへ
こしのしるし さざめく

SS3
ゆがんだつきよ しずまぬままに
ゆらゆらと かげ ふりそそぐ
ひらりまう かぜのささやいた
「とがのしき ねむれよ」

断線テレフォニック

断線テレフォニック


真四角な空間
ただ一つ テレフォン
扉は閉ざされて
眠れない僕だけ

ノイズすら鳴らない
受話器には沈黙
断線は誰のせい?
錆びた鋏 片手に

「誰かそこに居るの?」
壁越しの幻聴
「誰かそこに居るの?」
僕は応えない
(共鳴 共鳴 共鳴 共鳴せず)

COMMUNICATION
『何』が断線した?


退屈な空間
ただ一つ テレフォン
君からの着信を
今か今か待ってる

僕は繰り返した
「誰もここに居ない。」
壁の声も消えた
「誰も応えない。」
(残響 残響 残響 残響だけ)

ISOLATION
『僕』は断線した


----------------------------------


ましかくなくうかん
ただひとつ てれふぉん
とびらはとざされて
ねむれないぼくだけ

のいずすらならない
じゅわきにはちんもく
だんせんはだれのせい?
さびたはさみ かたてに

「だれかそこにいるの?」
かべごしのげんちょう
「だれかそこにいるの?」
ぼくはこたえない
(きょ-め- きょ-め- きょ-め- きょ-め-せず)

こみゅに けーしょん
『なに』がだんせんした?


たいくつなくうかん
ただひとつ てれふぉん
きみからのちゃくしんを
いまかいまかまってる

ぼくはくりかえした
「だれもここにいない。」
かべのこえもきえた
「だれもこたえない。」
([ざん]きょ- [ざん]きょ- [ざん]きょ- [ざん]きょ-だけ)

あいそ れーしょん
『ぼく』はだんせんした

砂塵の空夢

名も無き夢に見た景色
其処は荒れ果つ荒野
遠く続きゆく空を仰ぐ一輪の花 

馳せる蒼と悠久に永らうる
砂塵に呑まれても孤独に咲き誇る

乾いた風を往なし孤高に生けど
何れ訪うのは 萎凋(いちょう)の運命(さだめ)
然れども其れでも散り逝く為と咲く?

名も無き夢から呼声
其れは何かを求め
遠く果てしなき空へ溶けて滲みゆく音

風の色は塵埃に染められつ
砂塵を駆く声の名残を抱き往く

彷徨いながらやがて孤高の花へと至り
呼声はそっと絶えて――覚醒(さ)める

長い夢の終焉の蒼空に
朽ち逝く花弁が一枚舞い上がる

翳した手を撫でて風が往く彼方
名も無き夢等しき空の蒼へ




~~~~~ひらがなver.

なもなきゆめにみたけしき
そこはあれはつこうや
とおくつづきゆくそらをあおぐ いちりんのはな

はせるあおと ゆうきゅうにながらうる
さじんにのまれても こどくにさきほこる

かわいたかぜをいなし ここうにいけど
いずれおとなうのは いちょうのさだめ
しかれでも それでもちりゆくためとさく?

なもなきゆめからよびごえ
それはなにかをもとめ
とおくはてしなきそらへ とけてにじみゆくおと

かぜのいろは じんあいにそめられつ
さじんをかくこえの なごりをいだきゆく

さまよいながら やがてここうのはなへといたり
よびごえはそっとたえて――さめる

ながいゆめのしゅうえんのそうへきに
くちゆくはなびらが ひとひらまいあがる

かざしたてをなでて かぜがゆくかなた
なもなきゆめひとしき そらのあおへ 

▲TOP