関連する動画

りんごうさぎの夜

A1
月の光を浴びた
りんごのうさぎ
ふたつの目 人知れず
輝いた
ぴょこりと飛びあがれば
夜空の散歩
小鳥の眠る穴に
ごあいさつを

B1
かみさまかみさま
もしも叶うなら
ふかふかな熱を
ボクにくれますか

S1
幸せを呼ぼう
街が寝静まるころ
りんご味の夢を
流れ星に乗せ
いたずらをしよう
酢っぱい味がしても
どうか許してね
ボクの贈り物


A2
ランチボックスよりずっと
大きな世界
ふたつの目 きらきらと
瞬いた
おちゃめな冒険家は
八つ切りサイズ
飛んで跳ねて木から木へ
滑り込んだ

B2
かみさまかみさま
もし祈れるなら
地を駆ける足を
ボクにくれますか

S2
幸せに満ちた
笑顔が零れる街
黄色い頬さえ
赤らみだしたよ

いたずらが終わり
満月へ招かれる
うさぎの涙は
甘い甘い蜜

つきりんご



【平仮名・()は一文字分】

A1
つきのひかりをあびた
りんごのうさぎ
ふたつのめ ひとしれず
かがやいた
(ぴょ)こりととびあがれば
よぞらのさんぽ
ことりのねむるあなに
ごあいさつを

B1
かみさまかみさま
もしもかなうなら
ふかふかなねつを
ぼくにくれますか


S1
しあわせをよぼう
まちがねしずまるころ
(りん)ごあじのゆめを
ながれぼしにのせ
いたずらをしよう
(すっ)ぱいあじがしても
どうかゆるしてね
ぼくのおくりもの


A2
らんち(ぼっ)くすよりずっと
おおきなせかい
ふたつのめ きらきらと
またたいた
お(ちゃ)めなぼうけんかは
やつぎりさいず
とんではねてきからきへ
すべりこんだ

B2
かみさまかみさま
もしいのれるなら
ちをかけるあしを
ぼくにくれますか

S2
しあわせにみちた
えがおがこぼれるまち
きいろいほほさえ
あからみだしたよ
いたずらがおわり
まんげつへまねかれる
うさぎのなみだは
あまいあまいみつ

つきりんご

▲TOP