防人さん

防人さん

caff_latte

(プロフィールはありません)

ピアプロバッジ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

獣道

A 遠く眺めた 彼方の先は 霞がかって ぼやけていた 踏み出した足 足跡残し 1つの道を 作っていく 背にする物は 過去の道程 他人(ひと)道には 興味は無いの 私は私 誰でもないわ 文句があれば お好きにどうぞ B 貴方とは違うわ 二番煎じとか、味気なくって 誰にも見向きされ無いでしょ? サビ 直線(まっすぐ)なんてのはイヤなの 舗装された道なんてまっぴら 私の生きた証は  私自身が切り開くの け・も・の・みち A ずいぶん先に 来たものなのね 最初の場所が 小さくなった 駆け抜けた足 砂を飛ばして 道の先へと 進んでいく 眼前(まえ)にあるのは おの暗い闇 こうでなくちゃ 張り合いないわ 貴方は貴方 誰でもないわ ついてくるなら お好きにどうぞ B あいつらとは違うわ 見よう見まねとか、そういうのって 誰もかれもがやってるでしょ? サビ 加減なんてのは要らないわ 躊躇していたら止まってしまう 私が通ったからこそ 唯一無二の道となる け・も・の・みち C ここまでの道のりを振り返ると そこには確かに私がいた 体は傷だらけ 悲鳴を上げていても 立ち止まってはいられない 立ち止まる訳にはいかない サビ  直線(まっすぐ)なんのはイヤなの 舗装された道なんてまっぴら 私の生きた証は  私自身が切り開くの D この道絶やさずに 進めていく事できるなら 人が通り 獣道は やがて大きな道になるでしょう

この歌詞は、となさ様の歌詞募集への投稿用歌詞となります。

この曲を聴いた瞬間に、体を何かが駆け抜けました><。
イメージは『先駆者』です。
駄文ではありますが、一生懸命書きました。

となさ様の歌詞募集ページはこちらとなります。
よろしかったら、御覧下さい。
http://piapro.jp/content/j3dt0r4s477qrsxz

もっとみる

投稿日時 : 2010/05/24 00:39

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP