Classic
Modern

ブクマフォルダ一覧 > ブクマフォルダ詳細

11

だぁい好きなテキスト

シリーズものは1話しかいれてません>< とにかく「これいい!」と思ったもの突っ込んでます←

  • 【カイメイ】彼女の不在 キョン子さん 2010/09/03
    01:56

    ※ボカロ家族リレー小説的ななにか※
    【前のバージョン】でお進みください

  • 【カイメイ】in the rain キョン子さん 2010/08/08
    21:02

    注・!現代パラレル!
    自作【恋色病棟】の設定をそのまま引き継いでいます。
    お読みいただかなくても大丈夫かとは思いますが、もしよければそちらから先にどうぞ→http://piapro.jp/content/rt95fh23vywkpk7s

  • 【カイメイ】Dear my little brothers & sisters【5編】 キョン子さん 2010/07/13
    09:31

    ※連作短編集です※
    5作品ありますので、【前のバージョン】でお進みください

  • 小説版 South North Story ① レイジさん 2010/06/19
    23:06

    小説版 South North Story
    プロローグ
     それは、表現しがたい感覚だった。

  • ものくろわーるど 1 リオンさん 2010/03/31
    23:48

     季節は初夏。
     外の世界は恐らく、青々と茂った植物、木々が風に揺られて爽やかな雰囲気をかもし出し、らんらんと輝く太陽は真夏の象徴として何時に無く頑張っていることだろう。
     僕は真っ白い世界に閉じ込められていた。

  • Fairy tale 1 リオンさん 2010/02/19
    23:02

     ある晴れた日の昼下がり。
     ミクは姉と共に本を読んでいた。しかし、その本と来たら難しい言葉ばっかりで、十六歳のミクには理解できないものがあまりに多すぎた。次第に、木陰の木漏れ日の暖かさと頬をなでる風の涼しさに、夢の世界へと引き込まれていった…。
     ふと目を覚ますと、姉のほうも眠ってしまったらしい。退屈になってしまった、とミクがあくびをしているところを丁度よく、何かが横切っていった。

  • ハルジオン① 【小説版悪ノ娘・白ノ娘】 レイジさん 2010/02/19
    00:04

    ハルジオン① 【小説版 悪ノ娘・白ノ娘】
    プロローグ
     それは夜。ハルジオンが野に咲き誇り、街を、そして野山を白く、黄色く染め上げていく季節。世界を淡く銀色に染め上げる満月の光が、人の身長の二つ分はあるだろう大型のガラス窓で覆われた王宮の一室を照らし上げた。その光に照らされた人物は男性一人。物音は無い。唯一、彼が苛立ったように足踏みをする行為によって発生する音以外には。

  • またいつか、桜の木の下で 1 リオンさん 2010/02/03
    23:16

     私、鏡音リンはごく普通の中学二年生である。
     跳びぬけて学力が高いわけでも、超人的な運動能力があるわけでも、まして魔法が使えるわけでも、特別武術の有段者であるわけでも、相手を飛び上がらせるような凄い料理を作れるわけでもない。ごくごく普通の女子中学生。あえて言うなら、人より少し歌がうまいのと、少しだけ整った顔をしていると言うことくらいしか普通じゃないところは思いつかないかな。
     ごく普通の家に生まれ、ごく普通の両親に育てられ、ごく普通の友達と遊びながら、ごく普通の学校で勉強を習っている。

  • 恋をしたのは君じゃない 1 リオンさん 2010/01/14
    22:30

     ――そう、つまり、『俺様』の方が恋に落ちたわけだ。
     我ながらそんなことをこんな風に申告するとは思って居なかったし、ましてその申告の内容が自分が恋に落ちただなんて、そんな恥ずかしいことだなんんて、一体全体、いつ予想を立てることができるのだろうか。
     最近、人気のアイドル歌手、『鏡音レン』。性格は表向きではショタ、あるいは素直と言うことになっているが、本当は超がつく『俺様』ではあるが、言い方を変えると『悪魔』とも呼ばれるような、まさしくサイアク、裏表のある人間と言うのは確かに怖い。そんな鏡音レンが、まさか、ほぼド素人の少女――それも性格は天使の如く素直な、裏表のない少女――に恋をするとは、誰も想像していなかっただろう。何せ、本人たちですら想像できなかったのだから。

  • 記憶屋・心屋 1 リオンさん 2010/01/24
    22:18

                  -記憶と心-
     貴方の忘れたい記憶を、高値で買い取りましょう。
     貴方が手に入れたい記憶を、安値でお売りしましょう。

  • 鏡の悪魔 1 リオンさん 2009/07/03
    20:39

                 貴方の大事な人は誰ですか?
                    恋人ですか?
                    家族ですか?

▲TOP