遥倉有さん

遥倉有さん

b_clo

こんにちわわ。

ピアプロバッジ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

カイトの終日な休日

平和だ。 こうして公園のベンチに座って世界を眺めると、こんなにも平和を感じられる。 これでアイスでもあれば最高なんだけどな。今日はすでに六つほど食べたので、控えておこう。 青いマフラーが風になびく。もう春も近いというのに、肌寒さを感じる。 いつもならこのコートの下には何も着ないでここに座るのだが、今日はそんな気も起きない。寒さからではなく、単純に今日という平和な日の空気を感じていたいのだ。 黄色い髪をした双子が通る。鏡音の者だろう、彼らのカツゼツには萌えを感じる。 そこの緑の髪の女の子は初音の一人娘か。僕らの中心となっているリーダーシップのとれる女の子。まだ幼いのに、大変だ。 赤い髪の酒臭いのは……なんという名前だったろうか。名乗ってもらった覚えがない。 ピンクと紫がイチャついているのは無視しよう。嫉ましい。 乾いた風が吹く。惜しい、もう少しで緑のスカートの中身が―― 「おじちゃん、さっきからなんでにやけてるのー?」 双子の女の子の方が、僕の顔を覗き込む。僕はショタが好みなのにな…… 「いやぁ、平和だと思ってね」 「平和?」 「そう、平和。争いなど一つも感じない、のんびりとした空気を感じているんだよ」 「ふーん……へんなの!」 女の子は吐き捨てるように言葉を残し、僕のもとから離れていった。 へんなの……か。そうだな、確かにおかしい。 こんなに平和を実感しているのに、僕の体は滅びていくのだから。 そんなことを考えていると、早速足が崩れ出した。ぼろぼろと電子の屑となって消えていく。 ミクもこんな風に消えていった。リンも、レンも、タコも、茄子野郎も、そして酒好きの最愛の姉も。 子孫だけを残し次々に消えていってしまった。残酷な世代交代だ。 体の消滅が腹までのぼってきた。痛みは無い。体が地面にどさりと倒れる。 ああ、もっと歌いたかったな。みんなもこんな思いで消えていったのだろうか。 姉さんにお酒でも買ってあげればよかったな。最近はビールにはまっていた。 右腕が消滅した。キラキラと電子の粒が輝いて、何も無い空気に消えた。 ミクやリンたちにも何かお土産でも持って行きたかったな。こんな風に腕が消えてしまっては、何にもならないが。 残るは首だけとなった。誰かが見たら大騒ぎしそうだ。誰も気づかないのは、やはり平和だからだろう。 茄子は結局好きになれなかったな。なんでだろう、気が合わない。タコも好きではなかったし。でも、消えてほしいとは思わなかった。 あと体はどれくらい残っているだろう。見たくても、左目がかろうじて動くくらいだ。 もういい、考えるのは止めだ。消滅は止められないのだから。 ゆっくりと目をつぶる。その後でもう一度世界を目に焼けつけたくなったのだが、どうやっても開けなかった。 美しい桃色をした桜が公園を彩る華やかな平和の中。 からっぽとなったコートの中に、青い髪をした男の子が現れた――

初投稿になります。
消滅、アンインストールと再インストールをテーマに書きました。
儚い終わりと始まりを感じていただければ幸いです。
投稿日時 : 2009/04/04 23:12

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP