龍怨さん

龍怨さん

ayame_sora

初心者です。いろいろ教えてください。
お手柔らかにお願いします。

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(2)

  • レ・カディ
  • ねおる

フォロワー(1)

  • ねおる

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

カラダを持たぬロボット

ある、小さな研究所で、ボーカロイドが開発されました。 そのボーカロイドは、それぞれの思考と人やモノの動きを感知するカメラやセンサー・名前・性別などはありました。 ある日、「レン」というボーカロイドが、「僕モ、博士ノ様ニ歩イテミタイデス」て言いました。 博士と呼ばれたある人間は、そこでふと思いました。”彼らには体がない”ということに。 ボーカロイドは、声が主な活動。体などいらないと思ったのです。ですから、こういうことは当然予想していませんでした。でも、そう言われると、開発したくなるのがこの博士の性格でした。しかし、博士は声が主な担当なので、体なんて作れるはずがありませんでした。その間に、レン以外のボーカロイドは、みんな別のところへ引き取られて行きました。そうしてようやく完成した体を、レンわたす前に、博士の命は付きました。 ―そして、それから数十年 誰もいなくなった、ある研究所の、もう動くはずのない、1つのプログラムが、ひとりでに動き出した。「博士ガkレタ、体、僕ガ使ワnクチャ・・・・!」 ――――プログラム「レン」、体内システムに移動します―――― 「これが、僕の体・・・?」 レンは、歩いてみたり、走ってみたり、おどってみたりしました。体以上に便利なものはないと、レンは思いました。でも、もうコンピュータの前には博士はいません。 「博士と一緒に歩きたかったな・・・・」 そういったレンの頬を、涙が伝わりました。その後、レンは、自分が人間と同じように体を持ったことで、博士と同じことをしました。ロボット開発をするようになりました。レンは、いつか博士をモデルにした、ロボットを作ると、心に決めながら・・・・

これは小説ですが、これの歌詞も作りたいです。
曲を作ってコラボしてくれる人、イメージイラスト考えてくれる人、大募集です。
意味がわからなかった人はコメ!
投稿日時 : 2012/09/15 09:19

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP